すっぽん効能辞典

画像

すっぽんの相場価格

もし、居酒屋で一般的な寄せ鍋のようなすっぽん鍋を単品で頼むのであれば、一人前で3000円程度といったところでしょう。
しかし、もし高級料亭などですっぽんのフルコースを楽しむのであれば、最低でも1万円、上限は3万円にもなるといわれます。
この金額の差には、もちろん料亭や居酒屋のある立地なども関係ありますが、すっぽんに関していうのであれば、天然か養殖かという違いがあります。

天然のすっぽんでは、春から秋までは餌を食べ続けることで成長しますが、秋になって水温が20℃以下に下がること餌を食べなくなり、その後約半年間は冬眠状態に入ります。
そのため、餌を食べる期間がなんと一年間のうち、約5ヶ月ほどにとどまり、そのため、当然ですが冬眠している間は餌を取らないことから大きくならないうえに、短い生長期間に得た栄養分や脂肪分も冬眠中に少しずつ使われてしまうので、出荷に当たっては、あまり好ましい状況とは言えません。

そのため、出荷までは、4年ほどかかり、この長期にも渡る養成期間は、業者によっても負担になります。
そのため、天然物の料金は跳ね上がるのです。
そして、加温養殖ですっぽんを冬眠させないことで出荷までの期間を短縮した養殖のすっぽんはどうしても安価になるのです。
さて、お店でなく、すっぽんを購入する際には、1匹いくら、というより、グラム単位で金額がついているものがおすすめです。

だいたい、100gあたり300円程度が相場のようです。
その方がすっぽんの個体差で、なんか損したような気をしなくて済みます。
そして当たり前ですが、配送料金や代引き手数料などをきちんと確認することが重要です。

特に活きすっぽんともなれば、冬眠状態で送ってくるので、基本的にクール宅急便で送られてきます。
そうなると、やはり配送料が変わってきます。
これらのことをきちんと念頭に置いて、注文しましょう。
ただし、養殖か天然では、身のしまり程度でしか違いがないので、安い養殖がおすすめです。

Contents

Ranking

    抜群にオススメ!
    1位:すっぽん小町

    2位:肥後すっぽんもろみ酢

    3位:すっぽんしじみ粒

    SPプレミアムコラーゲンゲル

Ranking for Man

    1位:すっぽんAgeEX

    2位:すっぽん皇帝上々

    3位:生牡蠣すっぽん

Copyright© 2010 アンチエイジング調査隊 All Rights Reserved.