すっぽん効能辞典

画像

すっぽんの生息地

すっぽんは、日本に生息しているかめの一種で、‘にほん’すっぽん、というだけあって、日本でのニホンスッポンの生息地は北海道などの寒冷地や地形的に水がなかったり、日が当たらず温度が上がらないような場所を除くほとんどの地域に分布しています。
そういうことだと、与那国島や石垣島といった沖縄の島々にも棲んでいることがわかるかと思います。
しかし、もともとは沖縄にすっぽんはいなかったそうです。

ですが、その昔、誰かが外部から養殖用として沖縄に持ち込まれたものが逃げ出して野生化してしまったそうです。
しかし、特にそれらの島々の生態系に悪影響を与えるような恐れもなさそうだったことから駆除されることもなく、そのまま温暖な気候、そして豊かな自然の中でその数を増やしていったようです。
またすっぽんは日本以外でも生息していて、中国や、そのほかでも朝鮮半島や台湾、そしてベトナム北部などでも生息が確認されています。

更に、これらアジア諸国からはるか離れたハワイにもいるらしいのですが、こちらも沖縄同様、持ち込まれてきたものらしいです。
そう、高級食材として重宝されてきたスッポンは、養殖をするため、日本のみならず、あちこちの国や地域に持ち込まれてきました。
上記にある沖縄やハワイなどがこれに当てはまります。

しかし、やはり各地で養殖場から逃げ出したり、業者などが飼育できなくなったとして捨てられたすっぽんがそのまま順応して野生化して、環境問題になっています。
地域的な特徴としては、スッポンは田んぼや池、さらに沼、そして用水路などの水の中を好みます。
また、肉食性で、エサとなるのは、沼の底にいる魚や甲殻類、さらに軟体動物などです。
こうなると、エサなどに苦労しそうな印象を受けますが、実際に飼育してみると、植物性の餌も食べられることから、雑食性だということが分かっています。
ここまで何でも食べるのであれば、本来の生息地以外でも生き続ける対応能力にも納得がいきますね。


Contents

Ranking

    抜群にオススメ!
    1位:すっぽん小町

    2位:肥後すっぽんもろみ酢

    3位:すっぽんしじみ粒

    SPプレミアムコラーゲンゲル

Ranking for Man

    1位:すっぽんAgeEX

    2位:すっぽん皇帝上々

    3位:生牡蠣すっぽん

Copyright© 2010 アンチエイジング調査隊 All Rights Reserved.