すっぽん効能辞典

画像

すっぽんのさばき方

さばき方は、料理によって変わってきますが、
できるだけ全身を使い、さらに様々な料理ができるさばき方をご紹介していきましょう。
もしまず血の赤ワインや日本酒割など、を使うのであれば、首を切る必要があります。

まあ、飲むつもりはなくとも、先に血抜きをしておくことでのちのちの掃除の手間を省いてくれることになるので、やっておくことをお勧めします。
しかし、完全に切り落とすと食道と一緒に切ってしまうことで食堂に残っていたものが血混じってまずくなってしまうこともあるので、のど側にある食道を避けて頭側を切るようにしましょう。
血を抜いたら、今度は内臓を取り出すために甲羅をはずしましょう。

まあ、甲羅はそこまで固くはないので、包丁を入れて少しずつ切り込みを入れて、甲羅を外しましょう。
そして次に、肝臓や心臓、さらに腸を慎重に切り出しましょう。
この時は、膀胱、そして胆嚢は匂いが強く、ほかの部位にまでにおいが移ってしまうので、破かないように注意して取り除きましょう。

この際、膀胱を食べろというのは少々きついですが、胆のうに関しては、丸呑みしてしまいましょう。
漢方的な観点からも非常に健康に良いこともわかっているので、ぜひ試してみてください。
手足は、そのまま切り取り、皮を取り除かずそのまま調理すると、鳥皮のように脂がのっていて、から揚げや塩焼きにしたときに最高においしい料理になります。

取り去ってしまった甲羅もきっちり使いましょう。
甲羅と言えば、どうも堅いイメージがありますが、すっぽんの甲羅の淵部分には、コラーゲンがたっぷりなので、煮込んでみれば、女性には非常にうれしい美肌効果を与えてくれるプルプルのコラーゲンとなってくれるでしょう。
さらに、それ以外でどうも使い道がなかったりするのであれば、そのまま出汁が取れるので煮込んでなべや雑炊の出汁に使いましょう。
首を切って手足を落として・・・と、どうも難しいそうな感じですが、実際には案外度胸さえあればできるものなので、一度挑戦してみて下さい。


Contents

Ranking

    抜群にオススメ!
    1位:すっぽん小町

    2位:肥後すっぽんもろみ酢

    3位:すっぽんしじみ粒

    SPプレミアムコラーゲンゲル

Ranking for Man

    1位:すっぽんAgeEX

    2位:すっぽん皇帝上々

    3位:生牡蠣すっぽん

Copyright© 2010 アンチエイジング調査隊 All Rights Reserved.